帝王四柱推命と日本式四柱推命の違い

 
 
 
東京新宿占い館
平龍徳鑑定事務所 
    日本式 四柱推命との違い



帝王四柱推命術では、
各自の生年月日と出生時刻に十干十二支を当てはめ、
陰陽五行論に基づき、変通星(以下、星と呼びます)を割り出します。

星は十種類ありまして、
 
・比肩・・・ひけん
・劫財・・・ごうざい
・食神・・・しょくじん
・傷官・・・しょうかん
・偏財・・・へんざい
・正財・・・せいざい
・偏官・・・へんかん
・正官・・・せいかん
・印綬・・・いんじゅ
・偏印・・・へんいん
 
それぞれの性質と特性があります。これを把握することにより、各個人の性格・性質・長所・短所・才能・体質を知る事が出来ます。

日本式四柱推命では、星の種類で良い悪いと判断しますが(例えば、正官は良く、傷官は悪いなど)、
帝王四柱推命術(古代中国式)では星の五行エネルギーを数値化し、どのような働きをしているかという事に重点を置きますので個々の星に優劣はつけません

星には長所短所がありますので、五行エネルギーの強弱次第でどちらの面が現れやすいかを判断します。陰陽哲学(易理論)においては陰と陽のバランスを最も大切にしますので、帝王四柱推命術では五行エネルギーの中和(調和)術を奥義としています。

つまり、五行エネルギーの強弱が分からなければ、四柱推命術は簡単な性格判断で終わってしまい、本当の実力を発揮する事が出来ません。

平龍徳鑑定事務所では四柱推命の奥義である陰陽五行エネルギーの数値化による、星(変通星)の強弱という観点から皆様の運命を読み解き開運に導きます。

 



  平龍徳鑑定事務所
 占い鑑定士  龍徳


  
03-6380-0444


tairaryutoku@gmail.com


東京新宿の占いなら
平龍徳鑑定事務所


〒160-0022
東京都新宿区新宿3丁目12-2
      安室ビル4階



 ------------------------


鑑定の受付時間



予約受付時間
 12:00~21:00




-----------------------



Amebaブログ