東京新宿占い館
平龍徳鑑定事務所 


    大阪のパワースポット 大鳥大社
 

 
ヤマトタケルノミコトの魂が白鳥となって舞い上がった伝説
 
 
第12代景行天皇の皇子・ヤマトタケルノミコト(日本武尊、倭建命)は、古代史における英雄です。古来の日本の国づくりに大きく貢献しました。

『古事記』や『日本書紀』に書かれたヤマトタケルの熊襲(くまそ)退治や東国征伐の物語は、4世紀ごろの大和朝廷の勢力拡大を物語的にして伝えていると言われています。

ヤマトタケルは小さい頃から武勇に優れていたためか気性が激しいところがあり、
行き違いから兄を殺してしまったことで、
父・景行天皇から恐れ遠ざけられ親子の間に確執ができていました。

16歳になったヤマトタケルに景行天皇は、大和に従おうとしない九州の熊襲(くまそ)兄弟の征伐を命じます。

熊襲の征伐も見事にやりとげて、九州から帰ったばかりのヤマトタケルに景行天皇は東にある12の国を平定するよう命じます。
伊勢、尾張、三河、遠江(とおとうみ)、駿河、甲斐、伊豆、相模、武蔵、総(ふさ)、常陸(ひたち)、陸奥(みちのく)と多くの国々が連なっています。


大和を出発したヤマトタケルは、まず伊勢神宮にお参りし、そこにいる叔母の倭姫(やまとひめ)に会います。

そして「九州から帰ったばかりなのに、また東国平定を命じられました。天皇は私など死んでもいいと思っておられるのでしょうか」と嘆き悲しみました。

叔母の倭姫は天叢雲(あめのむらくも)の剣や、一大事の時になったら開けるようにと不思議な袋を渡して送り出します。

天叢雲の剣は、スサノオノミコトが出雲で退治したヤマタノオロチの尾から出てきた剣を、天照大神に献上したものです。

後にこの剣はヤマトタケルによって「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」と名が改められます。


東国や蝦夷を無事に平定し終えたヤマトタケルは、

伊吹山で目の前に現れた大きな白いイノシシと戦うことになりました。

山の神の使いだと思い油断していましたが、実は山の神自身が変身していたものでした。

たちまち激しい氷雨が降りだし、ヤマトタケルは病気になって伊吹山を下ります。

そして途中の能煩野(のぼの・・・現在の鈴鹿市)で力が尽きてしまい、望郷の思いを募らせながら息を引き取ります。

「やまとは 国のまほろば たたなづく 青垣山ごもれる やまとしうるわし」


大和は国々の中でもっともよい国だ。畳を重ねたような、青い垣をめぐらしたような山々に囲まれて、大和は美しい。


ヤマトタケルが亡くなったという知らせを受けて、大和の宮の皆が嘆き悲しんでいると、
陵から一羽の白鳥が空に舞い上がり、大和の方へと飛んで行ったそうです。
それを目にした人々の間で、ヤマトタケルの魂が白鳥になって大和に飛び立っていったと言われるようになったそうです。

 
ご祭神
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)
大鳥連祖神(おおとりむらじのおやのかみ)
 
 
ご利益
文武上達
商業守護
厄除け
 
大鳥、鷲、白鳥の名をもつ社の総本社です。
日本各地に存在する大鳥神社や白鳥神社は、
ヤマトタケルノミコトの霊魂が白鳥になって飛び立った時、
各地に立ち寄り翼を休めた地に建てられたものです。
最後に降りたったこの地が和泉の地・大阪であり現在の大鳥大社の場所でした。
 
境内は1万5千坪ととても広大で、千種(ちぐさ)の森に覆われています。
その名の通り、多くの種類の植物が森となっています。
この森は白鳥が降りたった時に一夜にして生い茂ったと言われています。




 
名物とされているのはハナショウブの花です。
初夏の名物「ショウブ祭り」では、
50種類のハナショウブが見事に咲き誇って行楽客でにぎわいます。


 
    占い・パワースポット大鳥大社のアクセス・交通
 
 
大阪府神社庁ホームページ
http://www.jinjacho-osaka.net/osakafunai-no-jinjya/dai10sibu/sakai-kita/m02north_01_sakai_ootori.html
 
電車のアクセス
JR阪和線「鳳駅」を下車、北へ300m(徒歩3分)
 
 所在地
大阪府堺市西区鳳北町1-1-2
電話 072-262-0040
 
 
東京新宿占い館



  平龍徳鑑定事務所
 占い鑑定士  龍徳


  
03-6380-0444


tairaryutoku@gmail.com


東京新宿の占いなら
平龍徳鑑定事務所


〒160-0022
東京都新宿区新宿3丁目12-2
      安室ビル4階



 ------------------------


鑑定の受付時間



予約受付時間
 12:00~21:00




-----------------------



Amebaブログ