東京新宿占い館
平龍徳鑑定事務所 

    島根のパワースポット 美保神社
 
 
 
えびす様の総本宮
 
紀記神話に登場する出雲の国護りの主役・事代主神(七福神の1人・えびす様)と、
高天原(たかまがはら)から稲穂を持って降臨し、庶民の食糧として広く配り給うたといわれる大物主神(おおものぬしのかみ)の妻である三穂津姫命(みほつひめのみこと)をお祀りしています。
神社の名前の美保は、三穂に由来するとされています。
 
事代主神は釣り好きでのんびりした性格の神さまとして伝えられているので、
現代では、釣りざおと大きな鯛を担いでいるえびす様の姿で描かれます。

 
事代主神は、大国主神(おおくにぬしのみこと)の息子です。

「古事記」によると天照大神(あまてらすおおかみ)により高天原から遣わされた神さま二人から、
「出雲の国を譲るのかどうなのか」と聞かれ、事代主神は父の代理としてご神託を問われた際に、抵抗することなく出雲の国を譲ります。
その後、事代主神は静かに海の波間に消え去っていったという話があります。
 
大国主神のもう一人の息子である建御名方神(たけみなたのかみ)は最初逆らいますが、最終的には力比べで負けてしまったため出雲の国を譲ります。
 
最後に大国主神は、2人の使者から「息子たちは国を譲ると言っているが、そなたの心はいかに」と問われた時、

大国主神は「私も同じ考えで背くつもりはありません。ただ、天皇の宮殿のように地面底に届くほど宮柱を深く掘りたて、高天原に届くほどに高く千木(ちぎ)を立てた宮殿に私が住み、祭られることをお許しください。」

と頼んだことから出雲大社が建てられ、
大国主神はその中にお隠れになったというエピソードがあります。
 
 
 
 
ご祭神
左殿には、三穂津姫命(みほつひめのみこと)
右殿には、事代主神(ことしろぬしのかみ=えびす様)
 
ご利益
事代主神(海上安全・大漁満足・病難除け・水災火災除け・繁盛・学業・歌舞音楽)
三穂津姫命(五穀豊穣・夫婦和合・安産・子孫繁栄・歌舞音楽)
 
 
 
「美保造り」として名高い本殿は重要文化財に指定されています。
また、境内の諸手船2隻は重要有形民俗文化財に指定されています。
宝物館にはその他多くの文化財を収蔵しています。

 
 
同じく島根県内の少し離れた場所に、境外末社が数多く点在しています。

沖之御前 客社・合祀切木社・合祀幸神社
地之御前  客人社・幸魂社  ・筑紫社
糺社 和田津見社
天王社 天神社 
久具谷社 市恵美須社
  浜恵美須社
 
 
行事
日本の海上神事の代表格である青柴垣(あおふしがき)神事と、
諸手船(もろてぶね)神事は有名です。
 
 
今回の写真を「しまね観光ナビ」からお借しいただきました。

 
    占い パワースポット・美保神社のアクセス・交通
 
 
美保神社ホームページ
http://www.mihojinja.or.jp
 
ご鎮座地
島根県八束郡美保関町美保関
 
電車とバスのアクセス
JR「境港駅」下車、バスに乗り換え



     
  平龍徳鑑定事務所 

 占い鑑定士  龍徳


03-6380-0444


東京新宿の占いなら
平龍徳鑑定事務所


〒160-0022
東京都新宿区新宿3丁目12-2
      安室ビル4階



 ------------------------


鑑定の受付時間



予約受付時間
 12:00~21:00




-----------------------



Amebaブログ