東京新宿占い館
平龍徳鑑定事務所 
     占いパワースポット 大円寺
 
とくに頭痛や、首から上にご神徳あり
 
大円寺(だいえんじ)は分福茶釜(ぶんぷくちゃがま)で有名な館林の茂林寺の末寺で、
江戸札所第二十三番として知られています。
 
開基は江戸町奉行をつとめた石河(いしこ)土佐守家で、
開山は九山正雄(きゅうざんしょうゆう)によって開かれました。
 
出羽庄内十七万石の藩主・酒井家の江戸の菩提寺にもなっています。
 
池波正太郎の「鬼平犯科長」にも登場したので、なじみが深い方も多いかもしれません。

ほうろく地蔵尊
 
天和2年(1782年)の「八百屋お七の火事」という事故があり、
大円寺の塔司(たっす・・・塔頭の管理者である僧)が火の元となり、
お七の生家が現在の東京農学部付近にあり大円寺の参道に近かったこともあって、不幸にもお七は亡くなってしまいました。

境内の「ほうろく地蔵尊」は、火あぶりに遭ってしまったお七を救うため、
地蔵尊がみずから熱せられたほうろくを被り、熱の極苦を受けたといいます。
 
それ以来、首から上の病、頭痛、歯痛、眼病などにご利益があると広まって伝えられ、近年では頭痛爽快、学力増進、合格祈願を念じる若い年代の参拝者が絶えないそうです。
 
ほうろく地蔵の名は、永井荷風の随筆「日和下駄」や、矢田挿雲の「江戸から東京へ」などにも登場します。
 
祭礼などは、7月19日の大施餓鬼会、
毎月第一土曜日午後から、若年層のための座禅会、
それから毎月18日は観音さまのご縁により「やさしいお経とご詠歌の会」が開かれています。
 
高村光雲が作ったご本尊である釈迦如来像などの諸仏像のほかに、
七大観音尊像が鎮座されています。
七大観音尊像は十尺あまり(約3メートル)あり、これほど大きな観音像がそろえられているのは全国的にも珍しいそうです。
 
 
     占いパワースポット大円寺のアクセス・交通
  
大円寺 Wikipediaのページ
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/大円寺_(文京区)
 
 
 ご鎮座地
〒113-0023 
東京都文京区向丘一丁目11番3号
TEL 03-3813-1321
 
電車のアクセス
東京メトロ「白山駅」から、徒歩で5分。

東京メトロ「本駒込駅」から、徒歩で5分。


 
東京新宿占い館



     
  平龍徳鑑定事務所 

 占い鑑定士  龍徳


03-6380-0444


東京新宿の占いなら
平龍徳鑑定事務所


〒160-0022
東京都新宿区新宿3丁目12-2
      安室ビル4階



 ------------------------


鑑定の受付時間



予約受付時間
 12:00~21:00




-----------------------



Amebaブログ