東京新宿占い館
平龍徳鑑定事務所 
 
     京都 護王神社  占い・パワースポット
 
足腰の病を癒やす  足腰の守護神
 
京都市の中央にある京都御所の西側に鎮座する護王(ごおう)神社は、
毎月21日に「足腰祭」が催され、昔から足腰の病気やけがにご利益があると言われる有名な神社です。
全国から足腰の痛みに悩む多くの参拝者が訪れます。
 


ご祭神
 
主祭神和気清麻呂公命(わけのきよまろこうのみこと)・・・護王大明神
和気広虫姫命(わけのひろむしひめのみこと)・・・子育明神

ご配祀
 
藤原百川公命(ふじわらのももかわこうのみこと)
路豊永卿命(みちのとよながきょうのみこと)

 
    清麻呂公を助けた300頭の猪
  
ご祭神のひとり、和気清麻呂(わけのきよまろ・733〜799年)公は、
奈良時代末期から平安時代初期の貴族、官人です。
 
奈良時代末期、称徳天皇から法王の地位を賜り、権勢をふるっていた道鏡は、
九州の宇佐八幡宮から「道鏡を天皇にすれば天下太平となる」というご神託があったとして称徳天皇に奏上(申し上げる)し、自ら天皇に即位しようと企みます。
当時 道鏡は政治的権力を持ち、一方で代々天皇は政治に介入しない立場です。
 
称徳天皇は、ご神託を確かめるために側近の尼僧和気広虫姫を宇佐八幡宮へと遣わそうと召されました。
しかし和気広虫姫は病を患っており長旅は堪えられなかったため、弟である清麻呂公が宇佐八幡の神託を調べるよう願い出ました。清麻呂公はこのとき三十七歳です。
 
天皇の勅命を受けて宇佐八幡宮に参宮した清麻呂公は、
身の丈が三丈(約9メートル)もある満月のごとく輝く八幡大神が告げた、
「天の日継は必ず帝の氏を継がしめむ。
臣を以って君と為すこと未だあらざるなり。
無道の人(道鏡)は宜しく早く掃い除くべし」
とのご神託を朝廷へと持ち帰り、称徳天皇へ奏上します。

 
その場に在席していた道鏡の怒りを買うこととなった清麻呂公は、
別部穢麻呂(わけべ の きたなまろ)と改名させられ、
大隅国(現在の鹿児島の地)へ流罪にされてしまいます。そして姉の和気広虫姫も還俗させられ、備後国(現在の広島県)へ流罪となります。
さらに非道な道鏡は、大隅国へ向かう清麻呂公の足の腱を切りつけたり、刺客を送り幾度も襲わせ暗殺を試みました。

足の腱を切られ、立つことすらできなくなった清麻呂公ですが、天皇を守った大神に感謝申し上げるため、宇佐八幡宮へ参拝することを決意します。
清麻呂公は罪人として輿に乗せられて運ばれていました。
そして、一行が豊前国(現在の福岡県)に差し掛かったとき、
どことなく300頭あまりの猪の大群が現れて清麻呂公の輿の周りを囲んで、
そこからおよそ十里(14km)の道を刺客達から護り、道案内して一行を目的地まで送り届けました。
 
宇佐八幡宮で参拝を終えると、道鏡に傷つけられた清麻呂公の足が歩けるまでに治っていたそうです。
300頭の猪たちの話や、足が癒えたことから清麻呂公には数々の奇跡がおきたと伝えられています。

それから一年後に称徳天皇は崩御します。
天皇の庇護を受けていた道鏡は後ろ盾を失ったことで失脚し、
光仁天皇によって清麻呂公と広虫姫は流罪を解かれ、以前の姓名を取り戻し、
都へ呼び戻されました。
その後、清麻呂公は「豊前守」、「摂津大夫」を歴任します。

光仁天皇の後継として桓武天皇がご即位します。
その際、清麻呂公は道鏡のような私利私欲で権力をふるう者が現れることのないよう、風水をたてて都を移遷することを進言します。

桓武天皇はこれを受け入れ、清麻呂公は「造営大夫」として平安遷都にも尽力し、
京都の都市造りを計画しました。
こうして今の京都があります。
清麻呂公は、歴史的にみても多大な貢献をされました。

何よりその誠実で清廉な人格から、多くの人々からの尊崇を受け、
嘉永4年には孝明天皇から「護王大明神」を賜り、後世まで語り継がれています。

 
そして広虫姫も誠実で貞順なお人柄で知られ天皇からの信頼も厚く、
天平宝字8年(764)に起きた戦乱の折には、乱に連座した375名の死刑者の減刑を天皇に願い出て、死罪を流罪に改められるなど慈悲心の厚いお方でした。
戦乱で身寄りを失った子どもたち83人を養子に迎えて養育されるなど、
「子育明神」と現代に至るまで崇められています。
 
 護王大明神・和気清麻呂公

子育明神・和気広虫姫
(広虫姫の神像の写真)


ご利益・ご神徳
有名なご利益
足腰の健康・病気怪我回復
厄除け・災難除け
亥年生まれの御守護
子育て・子供の成長の御守護
ぜん息封じ
 
このほかにも家内安全や商売繁盛、交通安全など、諸祈願にもご利益があるといわれています。
 

ご神木のカリンの大木
 
護王神社の拝殿隣には、ご神木であるぜんそく封じのカリンの木があります。
古来中国では、カリンは木瓜(もっか)といい、約2000年前から生薬として咳止めや喉の痛み軽減、利尿作用、鎮痛効果があることが中国古典の「本草網目」の記述に見られます。
近年はカリンの種子含まれる成分、「アミグダリン」が咳を止める効能があるということが研究の結果明らかにされ、市販の咳止め薬やのど飴に至るまで広くこの成分が配合されています。
 
 
霊猪手水舎

手水舎にいるこちらの猪の鼻を撫でると、足腰の痛み・悩みにご利益があると言われています。
参拝者の間でも有名で、皆さん猪を撫でているのが見受けられます。
 
 

護王神社の狛猪

護王神社の境内には、いたる所に猪の姿があります。
社務所には全国から奉納された猪の置物や絵馬が展示されています。
いたる所にいる猪は、ご縁起である和気清麻呂公を助けた300頭の猪が由来となっています。
また多くの神社は狛犬が守護していますが、護王神社では守護する獣は猪です。


巨大な「足腰御守」

護王神社のよく知られた「足腰祭」は、毎月21日午後3時に行われる祈願で、
参拝者は本殿で祈願を行い、その後表門にて、一度回すと読経した功徳がある御千度車を回して祈願をします。
 
 
     占い・パワースポット護王神社のアクセス・交通
 
護王神社 公式ホームページ
http://www.gooujinja.or.jp
 
京都府神社庁 護王神社のページ
http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/02.html
 
 
 電車のアクセス
 最寄り駅 地下鉄鳥丸線「丸太町駅」下車、徒歩7分。

 バスのアクセス
 最寄りバス停 京都市バス51系統-「鳥丸下長者町停」下車すぐ。
 
 ご鎮座地
  • 〒602-8011
  • 京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385
  • 電話 :  075-441-5458(午前9時〜午後5時)

  • 参拝時間 : 午前6時〜午後9時
  •  
 
東京新宿占い館




     
  平龍徳鑑定事務所 

 占い鑑定士  龍徳


03-6380-0444


東京新宿の占いなら
平龍徳鑑定事務所


〒160-0022
東京都新宿区新宿3丁目12-2
      安室ビル4階



 ------------------------


鑑定の受付時間



予約受付時間
 12:00~21:00




-----------------------



Amebaブログ