東京新宿占い館
平龍徳鑑定事務所 

    占いのパワースポット  頭之宮四方神社

 

三重県の奥伊勢宮川峡県立自然公園内の唐子川のほとりに鎮座するのが、
「頭が良くなる」と有名な頭之宮四方神社(こうべのみやよもうじんじゃ)です。
 
地元の方々は親しみを込めて「おかしらさん」、「あたまの宮さん」と呼んでいます。
首より上の部分に関するあらゆる願いに霊験あらたかと言われています。
その中でも大きなご利益は頭が良くなるというもので、受験や入社試験などのシーズンには、祈願のために日本全国から参拝に訪れる人が見受けられます。
 
ご祭神
唐橋中将光盛卿(からはしちゅうじょうみつもりきょう)
 
ご利益・ご神徳
合格・学力向上・受験合格・入社試験
商売繁盛・職務安全
病気平癒・けが
厄除け・八方除け・家内安全
御神水による美顔祈願

 
   頭之宮という名の由来
 



ご祭神である唐橋中将光盛卿は、桓武天皇の末裔です。
遠い昔、中将は唐子川の上流の山の上に住んでおり、中将が亡くなって時が経った頃の話です。
この村の子供達が、唐子川で一つのドクロを発見して遊んでいました。
昔は死者を土葬していましたから、怖がることなく遊んでいたようです。
そこへ通りかかった老人は、そんな不浄なもので遊んではいけないと言いました。
するとその老人は突然神がかり、大声で語り出しました。
「私は唐橋中将光盛卿である。いま、子供達と楽しく遊んでいたのに不浄とはなんと無礼なことか。」
「もし私のドクロを祀ってくれたら、村人皆に幸福を与え、永く守護しよう」
言い終えると老人は正気に戻り、そばで一部始終を聞いていた村人たちは恐れてこのご神託に従いドクロを祀ったそうです。
それからは不思議と村には良い出来事がたびたび起こり、建久2年(1191)には社殿が創建されました。
中将は頭之守護神・知恵之大神としてこの地に鎮まっています。


 
本堂から道を下りていくと「知恵の水」と呼ばれる湧き水の場所があります。
この御神水を飲むと一層ご利益があると言われています。
御神水は透き通っていて、湧き水の川底が見えるくらい透明で綺麗な川です。
 
また、境内には「お頭さん」と呼ばれる大きな石があり、この石を撫でると頭が良くなるといいます。
 
社殿の右側にはたくさんの白と黒の石が積み上げられた「奉石所」があり、ここではお誓い石と呼ばれ、祈願を石に託して石を奉っています。
願をかけるときは白い石に祈りを込めて、
成就した折にはお礼参りとして黒い石を奉納します。
この石は5~6センチのもので海水で清められたものが望ましいそうです。


 
    頭之宮四方神社について
 
 

所在地

〒519-3111

三重県度会郡大紀町大内山3314-2

TEL(0598)72-2316


自動車のアクセス

紀勢自動車道「紀勢大内山インター」から約5分。

 

電車のアクセス

JR「大内山駅」から徒歩で約10分。





  平龍徳鑑定事務所
 占い鑑定士  龍徳


  
03-6380-0444


tairaryutoku@gmail.com


東京新宿の占いなら
平龍徳鑑定事務所


〒160-0022
東京都新宿区新宿3丁目12-2
      安室ビル4階



 ------------------------


鑑定の受付時間



予約受付時間
 12:00~21:00




-----------------------



Amebaブログ