東京新宿占い館
平龍徳鑑定事務所 


    鳥取のパワースポット 白兎神社
 
 
いなばの白うさぎの伝説

日本神話の「古事記」によると、

大国主神(おおくにぬしのかみ)には八十神という兄弟がおりました。(八十神は数多いという意味で、数字の80ではなくたくさんの兄や弟がいたという意味の記述かと思われます。)

その兄弟たちが稲羽の八上比売(やがみひめ)に求婚しようと、稲羽の地に向かうとき、大国主神も同行します。

大国主神が途中の道を通りかかっているとき、毛を剥がれたウサギに出会いました。

サメに嘘を言ったことで皮を剥がれてしまったウサギは、兄弟たちに「海で塩水を浴びて、風と日光に当たって横になっていればいい」と教えられて、そのとおりに伏せていたが、身体中が痛くて泣いていると訴えました。

それを聞いた大物主神はウサギに「今すぐ真水で体を洗い、その水門の蒲の穂を取って敷き散らして、その上を転がって花粉を付ければ肌は元のように戻り治るだろう」と教えました。

ウサギが大国主神に教えてもらったとおりにすると、ウサギの体は治っていきました。

大国主神や八十神の兄弟たちがやって来たいきさつを聞いて、ウサギは「八上比売は八十神のものにはならないでしょう」と大国主神に言います。

ウサギが言った通り、八上比売は八十神に対しては「あなたたちと結婚することは出来ません」と兄弟たちの求婚を断りましたが、大国主には「袋を背負われるあなた様と、わたしは結婚いたします」と言い2人は夫婦となりました。

そこで大国主神は稲羽の白ウサギを神として奉ったとされています。

そのため白兎神社では、境内のあちこちにうさぎの像が見られます。

白兎神社の神さまは、皮膚病や火傷の平癒にご利益があるとされてきました。

そのほかにも大国主神と上比売との間をとりもったことから、恋を叶える・良縁に恵まれるという縁結びの神さまとしても有名になっています。

 
ご祭神
 白兎神
 
ご利益
 皮膚病の治癒
 火傷の治癒
 縁結び・良縁

 
   占い パワースポット・白兎神社のアクセス・交通
 
 
白兎神社のご紹介(鳥取県 観光連盟)
http://www.tottori-guide.jp/sp/tourism/tour/view/21

ご鎮座地
鳥取県鳥取市白兎宮腰603

電車とバスのアクセス
JR「鳥取駅」から路線バス約40分

自動車のアクセス
鳥取自動車道「鳥取I.C」から車で約20分
「佐用JCT」から車で約1時間30分



     
  平龍徳鑑定事務所 

 占い鑑定士  龍徳


03-6380-0444


東京新宿の占いなら
平龍徳鑑定事務所


〒160-0022
東京都新宿区新宿3丁目12-2
      安室ビル4階



 ------------------------


鑑定の受付時間



予約受付時間
 12:00~21:00




-----------------------



Amebaブログ